はる司法書士事務所 お問い合わせ先
お問い合わせ先
期間伸長の申立て

財産調査がなかなか終わらない場合

相続財産が複雑・多額であるとか、各地に分散しているなどの場合には、3ヶ月の熟慮期間内で相続財産の調査を終了し、相続放棄をするか否かを判断することが難しいことがあります。このような場合は、家庭裁判所に対し、「相続の承認・放棄の期間伸長の申立」をすれば、熟慮期間を伸長してもらえる可能性があります。

申立先 被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所
必要書類 ①相続の承認又は放棄の期間伸長の申立書
②申立人の戸籍謄本
③被相続人の戸籍謄本・住民票除票
申立てに必要な費用 ①収入印紙800円分
②切手 400円(80円×4枚、10円×8枚)


お気軽にお問合せください
メールでのお問い合わせ
おうちの相続(相続登記) 借金の相続 空家対策