はる司法書士事務所 お問い合わせ先
お問い合わせ先
相続放棄・限定承認の申述の有無についての照会

相続放棄をしているかどうかを確認する方法

他の相続人が相続放棄をしているかどうかは、被相続人の最後の住所地にある家庭裁判所に相続放棄の申述の有無を照会する事によって確かめることができます。この照会は、相続放棄申述の事件番号、受理年月日が不明な場合にも利用することができます。
ただし、相続放棄の有無について調査される期間は、被相続人の死亡から3か月以内(次順位については先順位の相続放棄が受理されてから3ヶ月以内)に限定されているため、3ヶ月経過後に相続放棄が受理された場合は申述されていない旨の回答がなされてしまう可能性があります。

相続放棄・限定承認の申述の有無についての照会
申請先被相続人の最後の住所地の家庭裁判所
必要書類 相続放棄・限定承認の申述の有無についての照会書
被相続人の死亡の記載のある戸籍謄本
被相続人の住民票除票(本籍地の表示あり)
相続関係図
相続人の戸籍謄本(被相続人との続柄が確認できるもの)
返送用封筒(住所・宛名を記載したもの)
返送用郵便切手など
手数料無料

債権者が照会する場合の必要書類

被相続人の債権者などは、相続人が相続放棄をしているかどうかに利害関係があるため、相続放棄の有無の照会が認められています。

必要書類 相続放棄・限定承認の申述の有無についての照会書
被相続人の住民票除票(本籍地の表示あり)
照会者の資格を証明する書類(個人の場合は住民票、法人の場合は商業登記簿謄本または資格証明書)
金銭消費貸借契約書,訴状,競売申立書など利害関係を証明する書類
相続関係図
返送用封筒(住所・宛名を記載したもの)
返送用郵便切手など



お気軽にお問合せください
メールでのお問い合わせ
おうちの相続(相続登記) 借金の相続 空家対策