はる司法書士事務所 お問い合わせ先
お問い合わせ先
相続財産の処分行為(空き家と相続放棄)

相続放棄をしても空き家を管理しなくてはなりません

相続人全員が相続放棄をすれば、住み手のいない実家は空き家となります。空き家をそのまま放置していると、建物の老朽化による倒壊の危険性や、ゴミの放置や雑草などによる環境・景観への悪影響だけでなく、不審者の侵入や住みつき等による防犯上の不安も増幅し、近隣住民へ多大な迷惑をかけるケースも多く、空き家問題は深刻な社会問題となっています。また、特定空家に指定されると、各市区町村から、相続人に対し撤去や修繕などの命令がなされることもあります。
もちろん、相続放棄をすれば、空き家を撤去する義務はなくなります。しかし、相続放棄をもってしても、免責されない義務は残ります。それが「管理義務」です。


相続放棄をしても、管理義務は残ります

相続放棄をしても、次の管理者が現れるまでは、相続財産を、自分の財産と同程度の注意をもって適切に管理する「管理義務」は残ります。そのため、老朽化により空き家が倒壊したり、倒壊しないまでも壁が崩れたり、台風等で屋根の一部が飛ばされるなどして近隣住民に被害がでれば、管理義務を負う相続人が損害を賠償する責任を負うことになります。
この管理義務を免れるためには、次の管理者となる「相続財産管理人」の選任を家庭裁判所へ申立て、その者が相続財産を引き継ぐ必要があります。
ただし、選任申立てにかかる費用は相続人自らが負担しなければなりません。

相続財産管理人の選任申立てについてはこちら



お気軽にお問合せください
メールでのお問い合わせ
おうちの相続(相続登記) 借金の相続 空家対策